独立行政法人 国際協力機構
世界の課題を解決し、発展を牽引する
開発途上国が抱えるさまざまな課題を解決し、その社会・経済の発展を根幹から支えるJICA。グループワーク等を通じ、持続可能な世界をつくる秘訣を学びます。
日程
2017年9月21日(木)
時間
13:00-17:30
場所
JICA東京(幡ヶ谷)
定員
40名
時間割
開発途上国の課題、JICAの役割について知る
JICAが取り組むのは開発途上国の「国創り」。途上国が抱える様々な課題に対する解決のアプローチを考え、実践に移していくこと、これがJICAの仕事の両輪になります。民間企業ではなく、公的機関・政府系機関だからこそできること、その役割について、理解を深めて頂きます。
開発途上国の課題解決に向けた提案を行う(グループワーク形式)
JICAでは、開発途上国の課題解決に取り組むにあたり、各途上国に対する協力戦略策定、戦略に基づく個々のプロジェクト形成、プロジェクトの実施監理、プロジェクト評価、という大きなサイクルで仕事を進めています。開発途上国の課題解決に向けた取り組みについて、グループワークを交えながら、皆さんに体感頂きます。
職員との座談会
JICAは海外に90以上の拠点を持ち、教育・保健医療・都市開発・環境・農業・平和構築など、取り組む課題も様々です。
国際協力・開発へのキャリアは一様ではなく、JICAでも様々な経験を持つ職員が働いています。
職員との座談会を通じて、国際的なキャリア、途上国で働くということ、JICAの仕事の醍醐味などを、ざっくばらんに話をする機会を提供します。
※上記内容は変更となる可能性がございます。


トップへ