日本取引所グループ
日本経済を支える金融の最前線
東京証券取引所などを運営し日本の金融を支えてきたJPX。施設見学・ワーク・社員との交流を通じて、取引所の存在意義、仕事、人について、理解を深めることができるクラスです。
日程
2018年8月28日(火)
時間
12:30-18:30(予定)
場所
東京証券取引所ビル
定員
30名(予定)
時間割
INTRODUCTION -取引所は何のために存在するのか-
JPXでは株式やデリバティブなど、様々な金融商品が取引されています。取引所の仕組みや歴史を紐解くとと共に、マーケットセンターや歴史のある施設見学などを通して、"取引所"を皆さん自身で感じていただきます。
*当日の授業では、「株」の仕組みや「デリバティブ」などの専門用語について、わかりやすく説明します。
WORK -マーケットから日本経済を活性化させる-
マーケットを活性化させることは、日本経済そのものの活性化を意味すると言っても過言ではありません。
「どうすれば国内外から多くの投資家をマーケットに呼び込むことができるか」という取引所の重要テーマについて、グループワークを通して具体的なアイディアを創りあげていただきます。
COMPETITION -プレゼンテーション-
各グループのアイディアを発表をしていただきます。実現可能性だけでなく、アイディアの独創性なども加味しながら入賞チームを決定します。
JPX CAFE -社員と語る取引所-
マーケットについての素朴な疑問から、取引所で働く社員の素顔まで、ざっくばらんに語り合う時間を用意しています。「事業内容」や「仕事内容」「働く人」について、より理解を深めることができます。
※上記内容は変更となる可能性がございます。
※プログラムは昨年のものを掲載しております。今年のプログラムは随時アップデート致します。

参加者の感想

株式や上場企業についてあまり知識がありませんでしたが、わかりやすく説明いただき理解が深まりました。ワークショップは難しい課題でしたが、グループのメンバーに助けてもらえ、とても勉強になりました。

(早稲田大学2年)

仕事内容などがかなり見えにくい会社ですが、実際に中まで入り、社員の話も聞くことができたので、JPXの仕事内容への理解が深めることができました。

(一橋大学1年)

ぜひまた参加したいです!

(法政大学2年)



トップへ