外務省
日本の歴史を紡ぐ,未来を創る。
みなさんは外務省の仕事と聞いて、どんな内容を想像しますか?
「外交」の目的は、国際社会の中で日本の安全と繁栄を確保し、国民の生命と財産を守ること。それは、「国家」の存在意義そのものと言っても過言ではありません。
普段目にする機会が少ない外交の仕事の裏側や魅力について現役の外交官から話を聞くとともに、交渉の現場を体験してみましょう。
教授
日程
2019/9/10(火)
時間
近日公開
場所
近日公開
定員
近日公開
時間割
入門編“外務省って,思っていたより○○だ”
庁舎内を見学後,外交の魅力,外務省職員のキャリアステップ等について職員から説明します。外交や国家公務員に対する皆さんの偏見・ステレオタイプを崩し,“思っていたより○○だ”という新たな発見を提供します。
体験編“外交の最前線で働くやりがいとは”
皆さん自身に,外交業務を体験いただきます。「百聞は一見に如かず」と言いますが,単に見るだけではつまらない。実際に外交の現場を体感し,外交官の視点や思考回路を学んでください。
交流編“外交官ってどんな人たち?”
実際に外務省で働く若手職員との懇談の場を設けます。リラックスした雰囲気の中で,素朴な疑問をぶつけつつ,それぞれの職員が持つ熱い思いを聞いてみましょう。
※プログラムは昨年のものを掲載しております。今年のプログラムは随時アップデート致します。
※上記内容は変更となる可能性がございます。
参加者の感想

ワークショップや講義を通じて外務省の業務内容や仕事のやりがいについての理解が深まりました。また、外務省に入省するために自分に必要なこともぼんやりとですがわかるようになりました。ありがとうございました。またこのようなイベントがありましたらぜひ参加したいと考えております。

(東京大学1年)

日本と世界のカケハシとしてその先駆けとして活躍されている外務省の職員の方々のお話は、今後国際社会の舞台で活躍していきたいと考えている私にとってとても刺激的でした。またワークショップでも実際の国際社会での日本の立ち位置を理解するだけでなく、どう日本をアピールしていけば良いのか、どのようにしたら日本のブランド力をもっと高められるのかということを考えるのが交渉の現場で大事なのだと学びました。

(獨協大学2年)

自分の関心の高い「言葉」と「国際関係」を結びつけた外務省の業務をとても魅力的に感じ時間でした。この機会を、今後の勉学・キャリアデザインに大いに活かして、3年生になるまでの1年を過ごしたいと思います。

(東京外国語大学2年)



トップへ