最高裁判所
新しい司法の未来へ
ドラマや映画の舞台にもなる法廷。その裏側を職員がご案内します。
利用しやすい司法を実現するために,裁判所が果たすべき役割は何か,講義やワークショップを通じて,一緒に考えていきましょう。
日程
2020/9/8(火)
時間
近日公開
場所
近日公開
定員
近日公開
時間割
9:30-11:30 法廷の舞台裏を体験してみよう
東京地方裁判所で法廷などを見学しながら,裁判所の仕事について学んでいただきます。
11:30-13:00 ランチタイム
庁舎内で職員と昼食をとり交流を深めましょう。(立食形式を予定しています。)
13:00-13:40 最高裁判所を見てみよう
最高裁判所をご案内します。
13:40-16:20 利用しやすい司法を実現するための方法を考えてみよう
利用しやすい司法を実現するためにはどのような方法が考えられるか,グループごとにディスカッション,プレゼンしていただき,その方法を一緒に考えていきたいと思います。
16:20-17:00 裁判所事務官,裁判所書記官,家庭裁判所調査官の話を聞いてみよう
普段どんなやりがいを感じながら働いているか,どんな信念を持っているかなど,生の声を聞いてみてください。
※プログラムは昨年のものを掲載しております。今年のプログラムは随時アップデート致します。
※上記内容は変更となる可能性がございます。

参加者の感想

実際に現職の方にお話を聞けたり、法廷や仕事場に入ることができてよかった。

(北海道大学2年)

裁判一つ一つのストーリーに携われることの楽しみが伝わった。

(北海道大学2年)

職員の方々が自分の仕事について楽しそうに話してくださっていて、とても自分の仕事に誇りを持っていると感じた。

(早稲田大学1年)



トップへ